市田柿の干柿まるごと! 粋甘粛 – 宗家 源 吉兆庵

Sweets
この記事は約2分で読めます。

宗家 源 吉兆庵

銀座・鎌倉・岡山に本店を構える和菓子店です。戦後に個人で始まった和菓子屋さんが、今やロサンゼルス、ニューヨーク、シンガポールにも支店を持つ国際企業になっています。

 

古来、「果子」と書かれていた菓子、原点である果実本来の姿・形・味わいを活かした和菓子を販売されている、僕の大好きな和菓子屋さんです。

 

スポンサーリンク

吉兆庵美術館

和菓子屋さんだけでなく、鎌倉と岡山に、美術館を有していたりします。

宗家 源 吉兆庵|吉兆庵美術館
宗家 源 吉兆庵が運営する吉兆庵美術館の公式サイト。食と芸術が調和した、豊かな造形世界をご堪能いただける美術館です。

 

まだ行ったことはないので、今後行ってみたいのです!

 

スポンサーリンク

直営・千歳烏山店へ

京王線千歳烏山駅からすぐ、線路の隣にあります。バイクで伺ってきた時の記事はコチラ。

[季節限定]あの桜を思い出させる桜餅 - 宗家 源 吉兆庵
和菓子は楽しいですね。気分によって、時期によって、巡る選択肢が沢山あるので飽きず、気がつけば四季・一年が経っています。そして、桜の時期の前に食べたくなる、関東で「道明寺」と呼ばれる、季節限定の桜餅を、和菓子の宗家 源 吉兆庵(千歳烏山店)へ...

 

スポンサーリンク

干柿 – 粋甘粛

 

長野県産の市田柿の干柿をまるごと1個使用した、贅沢な果実菓子です。

干柿を使用しているので、冬のみの季節と数量限定で登場します。

ちなみにお値段なんと1個534円(税込)!

 

まるごと1個使っているので、へたも付いたまま。稀にも入ったままになっています。へたや種は食べられませんので、注意が必要です。

 

干柿の中には、白あんがぎっしりと詰まっています。

 

自然の恵みと申しますか、日光で凝縮された干柿の甘さ、そこに控えめな白あんの調和。この調和がもたらすのは、クリーミーな味わい。干柿をクリーミーに感じさせる白あん。

 

あぁ、こたつで食べたい。みかんではなく、粋甘粛を食べたい。冬にも和菓子を楽しめる果実菓子の存在は、季節の楽しみ方をさらに奥ゆかしいものにしてくれます。粋甘粛はきっと、日本酒やウィスキー、ブランデーも合うと思います。

 

まとめ

もうすぐ暖かい春がやってきます。その直前、冬の実りが届く季節でもあります。季節の果実菓子、粋甘粛で今しばらくの冬を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました