恐るべし、山崎製パン・ミルクレープ!

Sweets
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

恐るべし、山崎製パン・ミルクレープ!

ミルクレープが大好きです。色々なお菓子屋さんがミルクレープを出しているので、試さずにはいられません。あの何層にもなっている誘惑の貝塚を見たら、正常な判断ができなくなります。ショーケースを通りかかっても、ムーンウォークで戻ってみせます。

 

個人的ミルクレープランキング

これまで、自分の中でご褒美用ミルクレープNo.1とNo.2がありました。

 

  1. ハーブス
  2. キルフェボン
  3. ドトール

 

ハーブスに関しては言わずもがな、ゴージャスな果実のサンドウィッチ、シャンデリアのような高さの輝きに虜となる、ご褒美の真髄です。

キルフェボンは、以前(多分相当前・・・)まで、サクサクのミルフィーユがあったのですが、いつからかメニューから消えてしまっていました。もう食べられないのでしょうか。

コーヒーチェーンであるドトールは、フルーツなしの純粋なミルクレープの中では、個人的に大好きです。

 

出会い – 山崎製パン ミルクレープ

もう少しカジュアルに、それこそコンビニレベルで見つからないかなぁと色々トライアンドエラーの中、スーパーで出会いました。

 

20160911_100734298_ios

メーカーの説明はこちら

 

値段

定価は400円くらいです。ですが、時々やってくる近くのスーパーの特売では、最安198円で購入することができます。2度見のあと、Smooth Criminalでショーケースを覗き込み、試すことにしたのです。

 

いざ実食

期待は淡め、物は試しでした。

20160911_101025736_ios

 

ですが、最初の一口で忘れられなくなってしまいました。説明もまさにピッタリ。

 

クレープ生地の「層」の食感を楽しむ」

 

そう、それなんですよ、欲しいのは!!

さらっと解けてほしくなんてないんです。しっかりと層を味わいたい!

 

縦にフォークを入れても崩れず、口まで運ぶことが出来るにもかかわらず、各層のクレープと生クリームの味がそれぞれしっかりしています。みたいな発音で、一口ごとに脳内では「カラメルナパージュも、So good!(セインカミユさん風)」とこだまします。

 

その一口ごとが次の一口を呼び、あっという間にミルクレープはなくなってしまうのです。そして気がつくコスパ。2ピースで400円でも安いのに、最安時には198円って・・・。スーパーも山崎製パンも恐るべし!

 

スポンサーリンク

最後に

小学生の頃、瓶コーラがなくなると聞き、飲みまくってで太ったことがありました。それを思い出させる、山崎製パンのミルクレープ。甘いものは正義!と感じてしまうことを禁じえません。どうか、生産中止にはならないでいただきたい!!

 

スポンサーリンク

追記

私のチーム・スイーツではレギュラー化している山崎製パン ミルクレープですが、2020年2月1日に頂いたところ、少し味が変わっていました!そのレポートは以下の記事でご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました