Windows 8.1ProでSoftAP設定

IT
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

SoftAPとは

ネットワークに接続されたコンピュータ(無線LANアダプタあり)を、Wi-Fiのアクセスポイントとして利用できる機能です。技術的には、Wireless Hosted Network対応の無線LANアダブタへの接続を外部から許可し、Microsoftのインターネット共有サービス(ICS)を通じて、他のネットワークとの共有を許可するということにになります。要約すると、アクセスポイントがなくてもPCが無線LANルーター替わりに使えるという機能。Windows 7に搭載され、以降のOSにも同様に搭載されています。

スポンサーリンク

SoftAPざっくり図解

図を描くと、以下のようなことが出来るようになります。

 

スポンサーリンク

必要なモノ

  • Windows7以降のOS、有線LANアダプタ・無線LANアダプタ(Wireless Hosted Network対応)を搭載したPC
  • LANケーブル
  • 管理者権限

なお、この記事ではOSにWindows8.1 Proを使用しています。

 

スポンサーリンク

設定手順

1. コマンドプロンプトを管理者権限で立ち上げる

一般ユーザーやゲストでは、設定が出来ません。あしからず。

 

2. 「コントロールパネル -> ネットワークとインターネット -> ネットワーク接続」を開く

4.で新しい接続名が出現するため、既存設定項目を確認します。

 

3. 1.で立ち上げたコマンドプロンプト上で、以下コマンドを入力する

#Wireless Hosted Networkを許可する
netsh wlan set hostednetwork mode=allow

 

#SSIDを「test」に設定する
netsh wlan set hostednetwork ssid=test

 

#SSID「test」のパスワードを「testpassword」にし、パスワードは再起動等しても消えないように保存する
#パスワードは、8文字以上63個以内のASCII文字列が使用できます
netsh wlan set hostednetwork key=testpassword keyUsage=persistent

 

#Wireless Hosted Networkサービスを開始する
netsh wlan start hostednetwork

4. 新規ネットワーク接続を設定する

「コントロールパネル -> ネットワークとインターネット -> ネットワーク接続」に新しく作成された接続設定を開きます。今回は「ローカルエリア接続 *3」という名前で出現しました。

 

  • IPv6を無効化(Wireless Hosted Network上では、IPv4のDHCPサービスしか提供されないためです)
  • IPアドレス「192.168.137.1」とサブネットマスク「255.255.255.0」を手動で設定する(https://support.microsoft.com/en-us/kb/230148 で、Microsoftが仕様として指定しています)

 

5. 有線LAN接続の設定で、インターネット接続を共有する

4.で変更した接続(今回は「ローカルエリア接続 *3」)に対し、接続を許可します。

 

6. 設定したSSID及びパスワードで接続試行

これで、繋がるはずです。

スポンサーリンク

設定解除手順

1. コマンドプロンプトを管理者権限で立ち上げる

一般ユーザーやゲストでは、設定解除も出来ません。あしからず。

2. 1.で立ち上げたコマンドプロンプト上で、以下コマンドを入力する

#Wireless Hosted Networkサービスを停止する
netsh wlan stop hostednetwork

 

#Wireless Hosted Networkサービス許可を解除する
netsh wlan set hostednetwork mode=disallow

 

スポンサーリンク

トラブルシューティング

1. 繋がらない

  •  「ip config /all」で、Wireless Hosted Network用に作成された新規接続の設定が正しいか見てみる
  •  「netsh wlan show hostednetwork」で、Wireless Hosted Networkの状況を確認する

 

2. ネットワーク接続を無効化し、Wireless Hosted Networkの開始/停止が出来なくなってしまった

– OSを再起動後、デバイスマネージャーのネットワーク       アダプターを開き、「Microsoft Hosted Network Virtual Adapter」が無効状態になっているので、有効化します。

 

 

スポンサーリンク

セキュリティリスク

Microsoftは、この機能を提供こそしていますが、インターネット接続の共有は「不適切」であるとという立場を取っています。設定を有効にすれば、セキュリティリスクは上がりますので、必要な時だけ、使用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました