ハートを独り占め 龍宮窟

シェアする

IMG 20180608 121550 - ハートを独り占め 龍宮窟

龍宮窟

田牛(とうじ)の龍宮窟(りゅうぐうくつ)は、海食洞の天井が一部崩れ、大きな天窓が開いた西伊豆の景勝地です。宮崎駿のアニメ「紅の豚」で、冒頭にポルコ・ロッソが自身の隠れ家としていた場所に酷似していることから、モデルになったのではないかと言われています。

龍宮窟へは1泊2日の伊豆ツーリングの目的地として立ち寄りました。1泊2日の伊豆ツーリング詳細は、以下をご覧ください。

IMG 20180608 112803 100x100 - ハートを独り占め 龍宮窟
1泊2日 梅雨の晴れ間、海を求めて伊豆半島ツーリング ちょっとしたお暇ができたので、超大型のツーリングを計画していたのですが、残念な梅雨の...

場所

駐車場

道沿いに大きな看板で、駐車場の案内が出ています。

DSC09787 300x200 - ハートを独り占め 龍宮窟

すぐ横にある、サンドスキー場と共用の駐車場になりますので、あまり駐車可能台数分のスペースはありません。

DSC09809 200x300 - ハートを独り占め 龍宮窟

地理

全体としては、以下のような地理になっています。

DSC09788 300x200 - ハートを独り占め 龍宮窟

順路

説明と地理がある右奥の方に、まずは龍宮窟を上から見ることができる順路に向かいます。

DSC09810 300x200 - ハートを独り占め 龍宮窟

龍宮窟 上から

DSC09791 300x200 - ハートを独り占め 龍宮窟

龍王社

龍宮窟を上から見る際の順路にある社です。旅の安全祈願も込めて、お参りしました。

DSC09792 300x200 - ハートを独り占め 龍宮窟

ハートの龍宮窟

先程の龍宮窟を上から見た方向とは逆に、展望台があります。ここから見ることで、波の侵食によってできた龍宮窟がハートに見えます。

DSC09795 300x200 - ハートを独り占め 龍宮窟

運良くこの時は誰もおらず、龍宮窟を独り占めして写真を取ることができました。

サンドスキー場側

少し進み、海側を見渡すと綺麗にサンドスキー場が見えます。結構、急斜面ですよね・・・。

DSC09805 300x200 - ハートを独り占め 龍宮窟

これで、一周したことになります。今度は、龍宮窟の中へ。龍宮窟 二穴へ向かいます。

龍宮窟 二穴

駐車場からすぐ、そして、上から見渡す順路のスタート地点からすぐ横に、龍宮窟の中へ入ることができる階段があります。

DSC09811 300x200 - ハートを独り占め 龍宮窟

龍宮窟がどのようにして出来上がったかが詳しく説明されています。

DSC09812 300x200 - ハートを独り占め 龍宮窟

階段を降りるその風景だけで、秘密基地感が止まりません。

DSC09813 300x200 - ハートを独り占め 龍宮窟

そして、ついにやってきた龍宮窟の中心!

IMG 20180608 121550 300x225 - ハートを独り占め 龍宮窟

ビバ!ポルコロッソ!

DSC09817 300x200 - ハートを独り占め 龍宮窟

波の侵食、悠久の軌跡、地層を見ると、ロマンを感じます。

DSC09818 300x200 - ハートを独り占め 龍宮窟

一番広角に撮ることができる、奥から撮るとこのようになります。

DSC09824 300x200 - ハートを独り占め 龍宮窟

龍宮窟の幸せ感、そして今回出来た独り占め感を共有したかったので、動画を撮影しました。

動画

DJI Osmo Mobile2を使用して、4k動画で撮影しています。

龍宮窟 二穴 完全独り占め

サンドスキー場

龍宮窟はここまでにして、滑る用意はしてきませんでしたがサンドスキー場へ行ってみました。

DSC09828 300x200 - ハートを独り占め 龍宮窟

向かいにある、波打ち際の水の色、日本とは思えない綺麗さです。

この大きな石の海岸に隣接しているのがサンドスキー場、たった30度しかないの?と思える急斜面です。

DSC09827 300x200 - ハートを独り占め 龍宮窟

下から、斜面のみを撮ってみました。

DSC09830 1 300x200 - ハートを独り占め 龍宮窟

斜面から平地になった横は、すぐに石の海岸なのですが、この急斜面を降りて止まれるのかしら・・・。

まとめ

南伊豆随一の景勝地である龍宮窟、休日は混雑必至です。海も空も、日本とは思えない色と景色で人々を魅了し続けます。自然の偉大さと雄大さを感じつつ、ハート型の窟を見ることもでき、マイナスイオンたっぷりで心も体も癒やされれます。南伊豆まで足を伸ばして、時間と景色を静かにゆっくり感じに、龍宮窟へお越しになってみてはいかがでしょうか。