春が来た!菜の花畑へ向かう千葉・内房ツーリング – Moto Guzzi V7 III Anniversarioツーリング

Bike
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

さいしょに

緊急事態宣言で、出かけないことに慣れてしまいました。出かけても少しだけ、という中で計画を立てるのも億劫になってきてしまう悪循環、これは良くない!と思い、久々に丸一日走るツーリングに出ることにしました。

 

 

遠出せず、近場で1日走れる場所・・・。

必然的に房総ですよね!

 

というわけで、コースをザクッと考えて出発することにしました。

 

スポンサーリンク

コース

 

元々は5時間弱のコースだったのですが、途中で追加したり、道に迷ってしまったりして、この結果となりました。養老渓谷に向かう道で林道に入ってしまったり、上記の地図の2倍くらいの距離走り、迷ったはずです・・・。

 

行こうと思っていたビンゴバーガーには立ち寄らず、大山千枚田へ続く山道で立ちゴケしそうになったりしていました。

 

以前、ビンゴバーガーと大山千枚田には言っていますので、よろしかったら以下もご覧ください。

 

ビンゴバーガー

 

大山千枚田

 

出発

朝6時過ぎ、東京都調布市の自宅を出発しました。

 

Sony α7 Ⅲがあるのに、これと最後の写真だけはiPhoneで撮影しました。iPhoneも、悪くはないですよね。

 

千葉といえば、東京湾アクアラインを通らないわけにはいきません。首都高から乗っていくとそれなりに料金が高いので、浮島インターチェンジから乗り、木更津金田インターチェンジで降りる640円最安プランにしていたのですが・・・

 

浮島 入口 インターチェンジ閉鎖

どうやら冠水対策工事で3月5日から5月下旬まで長期閉鎖しているようでした。仕方なく、今回は千葉に入るまでは往復とも首都高を使うことにしました。

 

でも・・・!

 

 

工事期間中に殿町入口から東京湾アクアラインを利用した場合は、殿町から浮島までのの料金は発生しないそうです。

 

事前にちゃんと調べておけばよかった・・・。

 

 

海ほたる

朝6時に出たおかげで、7時には海ほたるで小休憩できました。

 

雲が多かった朝、前日が雨だったおかげで空は透き通っていました。

 

富士山もクッキリ見えました。

 

左端に富士山、右端に東京スカイツリーが見えたのですが、広角レンズでも両方は入らず・・・。

 

10分ほど休憩(撮影)し、時間がいくらあっても足りないので出発しました。

 

江川海岸

海中に電柱が刺さっていて幻想的、ということで有名な江川海岸。一度も訪問することがないまま2020年に電柱が撤去されてしまったようです。

 

立ち寄って、東京湾だけでも撮れればと思ったのですが、入口も閉鎖されていました。

閉鎖されている写真も撮り忘れるほどのショック・・・。

 

そのまま次の目的地に向かいました。

 

中の島公園・中の島大橋

中の島公園と中の島大橋、木更津はしょっちゅう通るにもかかわらず、一度も訪問したことがありませんでした。

 

日本一高く、恋が叶う伝説の橋ということですが、こちらソロツーリング。

 

最高地点を目指して、上がっていきます。

 

橋は、男のロマンですよね・・・。

 

 

この曲線から、橋それぞれ異なる個性を感じます。

 

 

千葉って、赤い橋が多いのは気のせいでしょうか。

 

最高地点からの長めは、新日鉄の工場地帯と富士山がキレイに見えました。

 

高所恐怖症なもので、へっぴり腰で撮っていました・・・。

 

富津岬展望台(明治百年記念展望塔)

続いて、こちらも初めての訪問、富津岬にある富津岬展望台(明治百年記念展望塔)に向かいました。

 

PV撮影地:浜崎あゆみさん「Sunrise ~LOVE is ALL~」

浜崎あゆみさんの「Sunrise ~LOVE is ALL~」 の撮影で使用された場所なんですね。

 

 

朝早いのもあり、訪問されている方々はまだいませんでした。絶好の写真タイム!

富津岬展望台の間から、富士山を綺麗に臨めました。

 

展望台を登っていくと、その幾何学的デザインにシャッターを切らないわけにはいきません。

 

足がプルプルしながらたどり着いた展望台からは、東京湾が一望できました。

 

原岡海岸 岡本桟橋

富津岬展望台を出発して1時間ほど走ると、館山手前の海側にはたくさんの海岸が並びます。そのうちの一つ、原岡海岸にある岡本桟橋は、江川海岸と並ぶ、素敵な桟橋だと聞いて、立ち寄りました。

 

 

釣りをされていらっしゃる方はいますが、やはり朝早かった分、写真を撮るには好都合でした。

 

少しずつ桟橋を進みます。

 

シャッター切り続けたくなります。特にこの時間帯から、海の色が層になって見えるようになっていました。

 

桟橋の先には、富士山を見渡すことができました。

 

電柱との組み合わせが、やはり良いですね。

 

駐車場からの景色も、とても映えます。

 

風は強いものの、春の陽気を味わう良い日和でした。コーヒーが飲みたくなる時間、次の目的地へ向かいました。

 

SEA DAYS

館山に入り、コーヒーで小休憩することにしていました。

 

SEA DAYSさんは、地元の方で人気のお店のようでした。カフェの隣ではヨガレッスンも行っているようです。

 

密にならないよう、そのヨガレッスンを行っている建物側の屋上にあるテラス席を利用しました。

 

館山の海を目の前に、海風を感じながら休憩できます。

 

コーヒーだけ、と思ったのですが・・・

元々ビンゴバーガーへ行こうと思っていましたが、甘夏のチーズケーキの美味しそうな誘惑に負け、時間的に難しそうということでいただくことにしました。

 

甘夏のチーズケーキ

 

クッキー生地が非常に薄くて軽い感じでいただけますが、甘夏の爽やかな香りがしっかりするので、海風とコーヒーととっても合いました。

 

本当はゆっくり休憩したかったのですが、時は11時半、目的地を増やすことにしたこともあり、15分の休憩で次に向かいました。

 

追加目的地・迷い道

館山を後にして、目的地を追加、養老渓谷へ向かいました。内房のそこここで菜の花が開花しているのを見て、この時期しか見られないのではないかと思ったのです。

 

途中、山道・林道を一人で走り、ガス欠になりかけながら、気がついたら大山千枚田を抜けていました。

 

立ちコケしそうになる道も通りましたが、無事、養老渓谷手前の目的地につくことができました。

 

石神 菜の花畑

そこは、春の喜びにあふれていました。

 

時刻表を見たら、いすみ鉄道へ連絡する小湊鐵道が到着するまであと1時間半ありました。

 

ただひたすら、菜の花畑の前に陣取り、写真を撮りながら春の日差しの中、待ち続けました。

14時47分頃通過するだろう、と時刻表から見て近づく時間。

 

その時、菜の花の向こうから、汽笛が聞こえてきました。

 

ゆっくりと、向こうから見えてきました。

 

連写機能をオンにして、ただひたすら撮り続けていました。

 

カメラを始めて、撮りたかった写真のうちの一枚かもしれません。

 

わずか30秒ほどの間に、菜の花畑を通り過ぎていく小湊鐵道。

 

春の喜びの中、今しか見られない一瞬を収めることができてとても幸せでした。

 

あとは帰路、安全に帰るだけ。

 

と、その前に・・・。

 

須藤本家

日本酒「雪の舞」はいただいたことがあります。ですが、最近、日本酒のみならず、グレーンモルトウィスキーの蒸留を始めたとの記事を拝見したのです。

 

これは買わねばなるまい、と店頭の女将さんに伺った理由を伝えると・・・

 

イオンとかウェルシア(薬局)でも売ってますよ!

 

えっ!?

あ、あぁそうなんですね!(ま、まぁ、、、近所にイオンとかウェルシアないんだよなぁ。)

 

と思いつつも、目的を達成してグレーンモルトウィスキー「房総」を手に入れました。

 

ここからはただただ帰宅あるのみ。

渋滞が始まってしまっていて、東京都調布市の自宅に帰り着いたのは午後5時半でした。

 

スポンサーリンク

さいごに

310kmという短めの距離ですが、ツーリング総時間は11時間半でした。

Google Mapで算出した時間の倍近くかかる感覚は間違っていなかったようです。それだけ長時間走ったせいか、いつものように走行距離を撮り忘れてしまっていました。

 

もう少しで、緊急事態宣言も明け、ツーリングベストシーズンが始まりますね。キャンプにも行きたいと思っています。これまでの自粛の反動ではっちゃけすぎないように、これからも安全運転でバイクライフを楽しみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました