ロックの日に男1人の恋人岬

シェアする

DSC00061 - ロックの日に男1人の恋人岬

恋人岬

夕日が沈む西伊豆を海沿いに行く中で、バイカーや男旅から最も縁遠い場所が恋人岬です。名前からして、恋人たちのための場所、だからといって立ち寄らないのはもったいない、素敵な場所でもあります。

恋人岬へは1泊2日の伊豆ツーリングの目的地として立ち寄りました。1泊2日の伊豆ツーリング詳細は、以下をご覧ください。

IMG 20180608 112803 100x100 - ロックの日に男1人の恋人岬
1泊2日 梅雨の晴れ間、海を求めて伊豆半島ツーリング ちょっとしたお暇ができたので、超大型のツーリングを計画していたのですが、残念な梅雨の...

DSC00057 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬
DSC00057 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬

入ってすぐに駐車場があり、奥にも駐車場があります。停める場所には困らないと思います。

DSC00094 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬
DSC00094 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬

場所

土肥温泉→恋人岬→結婚

DSC00059 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬
DSC00059 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬
DSC00061 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬
DSC00061 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬

土肥温泉の次に恋人岬、その先は結婚という、非常に重い路線なんですね。西伊豆を北からやってきたら、南に向かうということはそういうことになるようです。

ちなみに男1人旅のせいか、このモニュメントの前で、何組にも写真撮影をお願いされました。恋人岬で男1人、恋人たちの写真のシャッターを切っているとなんだか不思議な気分になります。

恋人岬は、そのまま英語でLovers Capeなんですね。

DSC00062 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬
DSC00062 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬

奥に進むとカフェとお土産、恋人証明書を売っているStera Houseにたどり着きます。

DSC00056 200x300 - ロックの日に男1人の恋人岬
DSC00056 200x300 - ロックの日に男1人の恋人岬

お花畑もハートですね。

DSC00063 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬
DSC00063 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬

愛の鍵

その横には、恋人岬の象徴のような、錠前がたくさんつけられている場所があります。愛の鍵もたくさんつけられています。

DSC00081 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬
DSC00081 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬

いくつか拝見した中で、ほっこりする恋人たちがいたので、撮らせていただきました。

DSC00082 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬
DSC00082 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬

恋人岬の楽しみ方

ここで、恋人岬の楽しみ方という看板に出会いました。

DSC00066 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬
DSC00066 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬

ここまで知らずに行ってしまったのですが、ラブコールベルや先端の展望台、金の鐘はここから700mほどハイキングコース的な道を行く必要がありました。

DSC00067 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬
DSC00067 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬

しかもこの日は夏日、落葉樹の下の日陰を多く通りますが、それでも汗だくになりました。恋人岬で男1人が汗だくというのは異様な光景だったと思います。

ボードウォーク

ハイキング的な道を行った先、ボードウォークが現れます。先端まであと少し。

DSC00068 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬
DSC00068 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬

その先、恋人岬で使ってはいけないかもしれませんが、2股に分かれた道の先にあるのが・・・。

愛の鐘

鐘を鳴らしている恋人の後ろで写真のタイミングを待ち、撮りました。

DSC00070 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬
DSC00070 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬

土肥とグアムは姉妹提携していたんですね。

DSC00069 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬
DSC00069 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬

もちろん1人なので、鐘を鳴らすなんてことはせずに戻ってきました。

手をつなぐみち

愛の鐘とは別方向の道(悪意があるわけではありません)はここから、手をつなぐみちという名前がついているボードウォークになります。

DSC00072 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬
DSC00072 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬

何度も書きますが、1人旅なので手をつなぐ相手がいません。バイカー同士で来て、手を繋いでしまっても困ります・・・。なんでしょう、気のせいか、恋人岬のことを書いていると、文章がどんどんやさぐれてきてしまいますね・・・。

DSC00064 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬
DSC00064 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬

いよいよ先端の展望台です。天気は良かったのですが、富士山は見えませんでした。

先端展望台

DSC00080 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬
DSC00080 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬
DSC00073 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬
DSC00073 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬

先端の展望台からは、180度で太平洋・駿河湾を臨むことができます。西伊豆の海は本当に綺麗ですね。

ラブコールベル

先端展望台にあるモニュメント、ラブコールベルです。

DSC00075 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬
DSC00075 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬

これも恋人同士で鳴らすので、僕は鳴らしませんでした。鳴らしている恋人同士が終わるのをまって写真を撮りました。

富士山方向にはまた別のモニュメントがあります。フォトジェニックですが、なんだか心は邪になります。

DSC00077 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬
DSC00077 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬

ひと休み

展望台から戻ってきて、STERA HOUSEに戻ります。ロックの日に、2年後のバレンタインまでの恋の定期券、ロックです。

IMG 20180609 120427 300x225 - ロックの日に男1人の恋人岬
IMG 20180609 120427 300x225 - ロックの日に男1人の恋人岬

ここで血糖値を上げて、落ち着こうと決めまして・・・。

ブルーベリージュース

地元産のみのブルーベリーを使ったブルーベリージュースをがぶ飲みしまして・・・。

DSC00087 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬
DSC00087 300x200 - ロックの日に男1人の恋人岬

塩ミルクソフトクリーム

伊豆の塩を使った塩ミルクソフトクリームも頂きました。熱愛宣言の看板の目の前で。

IMG 20180609 124156 225x300 - ロックの日に男1人の恋人岬
IMG 20180609 124156 225x300 - ロックの日に男1人の恋人岬

これもまたロックですねぇ。

まとめ

西伊豆の海岸沿いに行く中で恋人たちのメッカである恋人岬、ロックの日に男1人旅で行くことができたのは、なかなかロックな経験でした。恋人がいる方もいない方も、西伊豆方面にお越しの差には立ち寄ってみてはいかがでしょうか。