POPEYES LOUISIANA KITCHEN at Hollywood

目次

ヘイ、夕飯にフライドチキンでもどうだい?

海外だから聞ける会話ですかね、この頃は麻痺してたというか、海外かぶれみたいになっていました。

 

ルイジアナ州発フライドチキンチェーン

フライドチキンといえばアメリカではKFC、中国ではパクリのCFUが有名になってしまうので、POPEYESというのは初めて聞きました。でもフライドチキンと聞いたら、ダメなはずがない、と思えます。メニューは骨ありのBonafide Chickenと骨なしのTENDERSがあります。それぞれ、辛さがマイルドとスパイシーが選べます。

 

フライドチキンの価格破壊や~!


11ピースで14.99ドルという看板を見たら、好きなだけ食べてやると意気込むのも当然。けれどいざカウンターで注文すると健康とかいいつつ、コールスローセットで2つチキンに飲み物が付いたBonafide Chickenコンボ、7.99ドルのセットを初回購入しました。

 

サクサク、というよりは、ガリっとなるくらいの揚げ方、パワー系フライドチキンです。胸肉だったと思うのですが、パッサパサで味が薄い。別の1ピースは、やっぱりガッリガリいいましたけれど、アブラののった肉に味付けも良い。当たり外れが大きいかもしれません。

 

別日:4ピースセットに挑戦

先日のようになりたくないなぁと思ったのですが、足はPOPEYESへ。そこで、コールスローなんてもうイラねぇと決め、8.99ドルの4ピースセットを購入。これは食べがいがありました。

今回はラッキーなことに胸肉が入っておらず、むしろもも肉が入っていたのか、ジューシーとカリッカリのバランスが良い4ピースでした。KFCよりも、ワイルドな感じを堪能したければ、POPEYESの方が良いと思います。

 

ただし・・・

Hollywoodでの店内は若干治安が悪め。長居せずに早めに帰ることをオススメします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる