マリーナでシーフード – OMEROS BROS

Trip
SONY DSC
この記事は約2分で読めます。

肉、スイーツときたら、次はオイスター。せっかくだから旨いシーフードが食べたいと思って、事前に予約しておきました。最近、プラチナカードを所有したおかげで付いてきたコンシェルジェサービスのおかげで海外への旅が捗ります。

 

スポンサーリンク

OMEROS BROS

マリーナミラージュの中にあり、マリーナの前にある、地元の人にも人気なシーフードレストランだそうです。マリーナで食事、なんてこと自体、日本でもできないので、サンセットの時間に合わせて予約しました。

 

スポンサーリンク

夕暮れ時

この日は6時48分に日の入りだったので、18時から一番海側の席を予約しました。到着した時点で、こんな感じ。

 

スポンサーリンク

牡蠣尽くし

牡蠣が食べたい。牡蠣だけでいい。というファーストオーダーの下、ナチュラルと牡蠣のグラタンをハーフダースずつ。すぐ近くのレストランでもお店によって牡蠣のサイズ、味、種類がだいぶ違います。OMEROS BROSの牡蠣は大ぶりで、味も濃厚、So Good!

 

足りずに、ナチュラルをもう1ダース。いくらでも食べられます。

スポンサーリンク

日の入り後

マリーナがロマンティックになってきた頃には、ナイトクルーズで船の出入りが始まります。

 

テラス席のすぐ横は、海。魚が上から見えます。

 

スポンサーリンク

ロブスター

時価ってヤツです。

 

厄介なのは、ロブスターの半分は、殻の重さで出来ていること。ちなみにこれで150豪ドルほど。たまには、ね。

 

満足のシーフードを食べきって、ここからカジノに向かいました。結果、ちょっと勝ったのは、シーフードパワーのおかげだったと思います。

タイトルとURLをコピーしました