カランビンワイルドライフサンクチュアリで固有種に出会った〜

Trip
SONY DSC
この記事は約3分で読めます。

オーストラリアといえば、カンガルーやコアラに会うのは、鉄板コース。宿泊したゴールドコースト付近にもたくさんの動物園があるのですが、選んだのはカランビンワイルドライフサンクチュアリ(CURRUMBIN WILDLIFE SANCTUARY)です。

 

スポンサーリンク

値段

大人1人、49.95豪ドルです。他の動物円は、コアラやカンガルーは別途費用が、というところが多い中で良心的です。もちろん事前にオプショナルツアーとかで申し込んでおけば45ドルくらいで買えますよ。

園内は広くて、歩き回れば2時間くらいかかります。入口から一番奥の部分にショーステージがあるので、入っていきなり・・・

コアラがいます。寝てます。ニートすぎます。

コアラの隠れ蓑術。どこにいるか、わかりますか?


さらにヒント画像。

 

スポンサーリンク

カンガルーゾーン

カンガルーだけ、なぜか特別に檻で仕切られたゾーンにいます。そして、その中に1羽だけエミュさんが。


カンガルーとワラビーの違いが書いてありました。が、明確な差異はなく、個体の大きさだけだよ〜、とガムナッツファーム(Gamnuts Farm)に行ったとき教えてもらいました。

Gamnuts Farmに、乗馬に行ったときの様子はコチラ。

https://www.kengenius.com/trip/horseriding-at-gamnuts-farm

 

スポンサーリンク

ワラルー

ちなみに、カンガルーともワラビーとも判断つかない場合には、ワラルーというそうですよ。

暑い日なので、群をなして、寝ています。観光客からエサをもらえるようで、野性味は0。

生まれて間もない子を入れている親を発見。やっぱり頭から入って足が出ているんですね。

こちらは確実におやっさん。筋肉はハンパない。こりゃ人間が蹴られたら内臓破裂するわけだ。

カンガルーゾーンを後にして、カンガルーさんたちとは打って変わって人気のないワラビーさんたち。

その反対にはアリゲーター。

 

野鳥ゾーン。

 

頭の上ではアスレチックコースを楽しんでいる小学生くらいの子供たちがいる中を抜け、オーストラリアの固有種であるウォンバットの小屋へ。

 

スポンサーリンク

ウォンバット

あれ、こんなに大きいのね。子豚さんかと思った。もっと小型を想像してました。


お決まりのコアラ。なぜかセーラームーン仕様。

 

スポンサーリンク

タスマニアンデビル

ここでようやく見られたタスマニアンデビル。しかも、巣から出てきた一瞬でした。

 

スポンサーリンク

羊の毛刈りショー

始まる前から、ショーのメインキャストであるSTEVEさんと、牧羊犬のSIMBAの中の良さを見られます。見ているだけでほっこりします。そして、SIMBA賢いな、と。ウチの犬にも見せてあげたい…。

色々説明してくれるのですが、毛刈りショーは羊にも負担にならないように短時間で、とあっという間に終わります。1頭3分弱くらいしかかかりませんでした。

会場から3名の協力者と一緒に毛刈りショーは進んでいったのですが、何がどうしてこうなったのかは、行ってみて楽しんでください。

ハイペースで回っても、2〜3時間はかかりますし、ショーステージでは1日中違うことをやっているので、時間に余裕があったら1日かけて楽しんでみるといいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました