季節の恩恵たっぷり ご褒美パフェをいただきに – 果実園リーベル

Sweets
この記事は約4分で読めます。

先日、仕事の方々とお茶会でもしましょう、という話になり、スイーツ部(仮)を結成しました。その決起会ではないのですが、最初のお茶会は少しご褒美的なものにしたいよね、ということでいくつかの選択肢から、果実園リーベル 新宿店へ行くことにしました

 

スポンサーリンク

果実園リーベル 新宿店

新宿駅から徒歩5分圏内ですが、代々木方面なので混雑からは逃れる方向にあります。

 

スポンサーリンク

場所

〒151-0053 東京都渋谷区代々木2丁目7−7 南新宿277ビル 1F

※1Fとなっていますが、1F入口から入ると店内は地下になります。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

ショーケースで圧倒・・・

近いに降りてまず圧倒されるのが、果実園というお店の名にふさわしいケーキの数々!

 

ケーキ

どれを見ても背が高く、ご褒美感満載にフルーツふんだんなケーキたちです。

 

もちろん、お値段もご褒美感あります。

 

シャインマスカットのケーキは、1ピースで1,900円(税抜)でした・・・。

 

フルーツ

ケーキのみならず、四角いスイカや・・・

 

いちごも、紅白共に、種類が豊富に置いてあります。

 

ん?白いいちご?

初対面の白いいちご

ここで、初めて白いいちごをうっかり見てしまいました。ついうっかり・・・。そのお値段2,200円!(税抜)

 

天使のお味はいかに!初めての白いいちご「天使のいちご」

それだけするならば!とこのとき考えていた2020年ふるさと納税で、試してみることにしました。後日談ですが、楽天のふるさと納税内から「佐賀県小城市」が天使のいちごを返礼品にしていることがわかったのです。

 

早速注文し、いただきました。そのレビューは、以下からご覧ください。

 

スポンサーリンク

着席

今回、午後2時に訪問しました。店内はたくさん空席があるのですが、スタッフさんが追いついていない模様。順番を待つボードに名前を記載し、10分ほどで席に案内されました。

 

スポンサーリンク

メニュー

果実園では、店舗ごとに異なるメニューを提供しているようです。今回訪問した、果実園リーベル 新宿店のデザートメニューは以下です。

 

私も知らなかったのですが、果実園ではデザートではなく、通常の食事メニューを注文することも出来ます。ここで、常連の同僚が教えてくれたのですが、ひとつビックリしたことが・・・。

 

スポンサーリンク

注意:食事メニューを頼むと・・・

このとき同行した何名かが食事メニューも頼んだのですが、食事メニュー1品ごとに付いてくるのがこちら!

 

なんとサラダとフルーツの盛り合わせが付いてきます。これを考慮しておかないと、注文内容と提供内容で大きなギャップが発生しますので、注意しましょう。

大切なことなので繰り返します。

 

このサラダとフルーツの盛り合わせは、食事メニュー1品ごとに付いてきます。

 

スポンサーリンク

季節のパフェ

このときのために、朝から食事を制限してやってきた私は、かねてより決めていた季節のパフェを注文することにしました。なんと、チョコレートパフェは880円(税抜)なので悩みましたが、ここは生クリームやチョコレートよりもフルーツを選択することにしました。

 

なお、季節のパフェ1,800円(税抜なので、1,980円(税込)です。

 

しばらくしてやってきました、ようやく来ました。

心の中は、神田松之丞改め、神田伯山さん並に盛り上がっていました。

 

若干グラスとの隙間が目立つ?

と思ったのですが、下層部がチバニアンな秘密は、栗の甘露煮でした。

 

上から見ると、大きい和栗に加え、シャインマスカットも乗っています。

 

生クリームたっぷりのパフェを選ばなくて良かったと思いました。それは、フルーツが十分に甘い高級なものを使っているので、生クリームよりも甘く、それ以上甘さを付加する必要がないということ。その上、季節の代名詞の栗がたっぷり、冬をたっぷり感じることが出来ました。

 

ご褒美パフェ、しっかりといただきましたよ!

 

スポンサーリンク

さいごに

時には制約をなくして、自分にご褒美という大義名分の下、思いっきり頂きたいときがあります。そんなとき、生クリームたっぷりのパフェも良いですが、果実園リーベルのパフェは季節を感じながら高級な果物の恩恵を感じることが出来ます。一つ、そんな気分のときの選択肢にしてみたらいかがでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました