棗バター – HIGASHIYA man

20161008 055940798 iOS - 棗バター - HIGASHIYA man Sweets
この記事は約2分で読めます。

HIGASHIYA man

HIGASHIYA man」という店名からしてアヴァンギャルドさを感じます。一言だと、創作和菓子というのが近しいかもしれません。表参道の駅からすぐの裏路地にある店舗も、お店のコンセプトをしっかり表していて、さすがだなと思ってしまいます。

20161008 055940798 iOS 300x225 - 棗バター - HIGASHIYA man

 

スポンサーリンク

店舗情報

場所:〒107-0062 東京都港区南青山3-17-14
電話:03-5414-3881
営業時間:11:00~19:00 7月・8月は20:00まで営業
定休日:年中無休(年末年始を除く)
スポンサーリンク

棗バター

他にこんな和菓子を売っているところはありません。商品名自体、ものすごいインパクト。棗バター。なつめバター。Jujube Butterって説明しても、海外の方にも理解はされないでしょう。6個入りで1,944円(税込)、1個ずつでは売っていません。

20161008 143136615 iOS 300x225 - 棗バター - HIGASHIYA man

 

味は、本当に独特、唯一無二です。熟れた棗から出てくる果実の濃厚さとバターの丸さが、口に含むそれぞれのバランスで変わる味わいをもたらしてくれます。ウィスキー好きにはたまらない相性のお菓子です。Glenfiddichや響のようなスムースなものの方が、合うと思います。

20161008 143226309 iOS 300x225 - 棗バター - HIGASHIYA man

 

スポンサーリンク

包装

その商品名のインパクトに対し、素敵な包装。和の良さ、凛として伝わってきます。おもたせとしても、素敵です。

20161008 142908760 iOS 300x225 - 棗バター - HIGASHIYA man

要冷蔵ですが、2時間くらいであれば無料で保冷剤をつけてくれます。それまた素敵な外装で。

 

他にも饅頭や団子のいわゆる和菓子から、創作系、茶や器まで売っています。贅沢な和菓子を試したくなったときに是非どうぞ。

タイトルとURLをコピーしました