京都から、極上の生わらび餅 – 京 嵯峨野 竹路庵

シェアする

IMG 6813 - 京都から、極上の生わらび餅 - 京 嵯峨野 竹路庵

京 嵯峨野 竹路庵

京 嵯峨野 竹路庵は、京都に本店を置き、関西で7店舗を有する和菓子屋です。関西以外には店舗はなく、関東でもなかなかお目にかかることが出来ません。時々、デパートの地下等や物産展で期間限定ポップアップストアとして見つけることが出来ます。

本店 : 場所

〒616-8374 京都市右京区嵯峨天龍寺北造路町45-4

看板商品であるわらび餅や季節商品の販売に加え、店内にイートインスペースを設けた姉妹店「京甘味 竹路庵」が大阪心斎橋に出来たようです。関西に行ったら立ち寄りたいお店のリストに追加です。

生わらび餅 – 648円

今回、何か和菓子を買いたいなと思って歩いていたところ、渋谷の東急東横百貨店に期間限定ポップアップストアとして出店しているところに出くわしました。

IMG 6813 300x225 - 京都から、極上の生わらび餅 - 京 嵯峨野 竹路庵
IMG 6813 300x225 - 京都から、極上の生わらび餅 - 京 嵯峨野 竹路庵

大桶にたっぷり盛られたわらび餅、それを目の前にして「試食してみませんか?」の声。

正直、わらび餅というと、自分の中の和菓子優先度としては低い方だったんです。なんというか、きなこが大変だし、味が物足りない感をどうしても拭えませんでした。

しかし!

試食してよかった!

こんなにもっちりで、味がしっかりしているわらび餅、どうやって作られているのか不思議で仕方ありませんでした。

一番最初にプレーンを試食させて頂き、その瞬間に購入を決めていました。その後、せっかくだからと抹茶味、黒糖味も試食させて頂いたのですが、やはりプレーンが素晴らしい!

350gのパックです。翌日になると固くなってしまうので、その日中にお召し上がりくださいね、とおっしゃられていました。

IMG 5200 300x225 - 京都から、極上の生わらび餅 - 京 嵯峨野 竹路庵
IMG 5200 300x225 - 京都から、極上の生わらび餅 - 京 嵯峨野 竹路庵

350g、ぎっしり。きなこもぎっしり。1つ1つのブロックが非常に大きくて、ずっしりします。

IMG 2969 300x225 - 京都から、極上の生わらび餅 - 京 嵯峨野 竹路庵
IMG 2969 300x225 - 京都から、極上の生わらび餅 - 京 嵯峨野 竹路庵

ちなみに試食も、このサイズで頂いたんです。

お皿に頂き、菓子楊枝で切り分けてみます。

IMG 6966 300x225 - 京都から、極上の生わらび餅 - 京 嵯峨野 竹路庵
IMG 6966 300x225 - 京都から、極上の生わらび餅 - 京 嵯峨野 竹路庵

非常に弾力がありますが、ちゃんと菓子楊枝でも切ることが出来ます。

IMG 3643 300x225 - 京都から、極上の生わらび餅 - 京 嵯峨野 竹路庵
IMG 3643 300x225 - 京都から、極上の生わらび餅 - 京 嵯峨野 竹路庵

きなこにも味が伝わっているほど、生わらび餅には瑞々しく味がついています。そのため、口内の水分が奪われることもなく、その弾力、その濃厚さは一口ごとにしっかりとやってきて、飽きることなく、もっと食べたくなってしまいます。

私は期間限定ポップアップストア開催中、2日連続で生わらび餅を買ってしまいました。「あれ?また来てくれたのね!」と覚えて頂いていて、恥ずかしいやら、嬉しいやらでした。

京 嵯峨野 竹路庵は、特別仕立てわらび餅、生わらび餅、日持ちわらび餅と3種類のグレードでわらび餅を発売しています。生わらび餅でこれだけ美味しいのに、特別仕立てわらび餅は、公式ウェブサイトで見る限り、とろけまくっています。どんな食感なんでしょう・・・。

玄香餅(172円)

生わらび餅と一緒に買ってきたのが、この玄香餅です。もちもちですよ!と店員さんから奨めて頂いた逸品です。

IMG 7767 300x225 - 京都から、極上の生わらび餅 - 京 嵯峨野 竹路庵
IMG 7767 300x225 - 京都から、極上の生わらび餅 - 京 嵯峨野 竹路庵

黒米の古代米を含んだ餅米を使用した外皮の餅、その中には枝豆餡が入っています。餅も餡も、それぞれ粗めに潰されているのに、それなのにもちもち。枝豆餡と黒米の組み合わせで、甘みも強く、それでいて上品に楽しめる一品になっています。

まとめ

関東では期間限定ポップアップストアでしか、しかもなかなかお目にかかることが出来ない京 嵯峨野 竹路庵。いつでも買いにいける関西の方が羨ましいです。

期間限定ポップアップストアで見かけたら、ぜひ生わらび餅を試食させてみてもらってみて下さい。その味は、きっとあなたの和菓子リスト入りすることでしょう。