ワーゲンバスの特等席!全粒粉の絶品バーガー – KAMO KITCHEN

Review
この記事は約6分で読めます。

KAMO KITCHEN

サーファーの方々に人気の千葉南房総。海まで来たなら、鴨川まで行ったなら、グルメしてマッタリしたい!というには、とてもピッタリな場所です。JR安房鴨川駅から徒歩10分ほど、駐車場も完備、ツーリングのランチにはちょうど良い場所です。

 

場所

住所:千葉県鴨川市前原58-1

 

駐車場

KAMO KITCHENの横は、お店の駐車場は裏にあります。お店のすぐ横も駐車場になっていますが、停めることは出来ません。鹿乃子さんと船橋屋さんの間にあります。

車だと、一方通行なのでぐるっと一周しなければいけません。ですが、二輪を除く一方通行なのでバイクはショートカット出来ます。

 

駐車場の写真

鹿乃子さんと船橋屋さんの間にあります。停められる場所は、お店の方に聞いてください。

 

外観

ポップなカラーがかわいいワーゲンバス。ん?よく見ると、電源コードが伸びてる

 

やっぱり、ワーゲンバスから電源供給されていました。アイドリング状態のワーゲンから、テラス席のヒーターが電源供給されているんですね。

 

あれ?でも、内装が・・・。もしかして・・・。

 

ワーゲンバスの中も席

そうなんです。ワーゲンバスの中も座席になっています!これは特別な空間!

 

扉も閉めることができて、個室になります。中に専用ヒーター電源コンセントWi-Fiも完備!

 

なお、この後の写真はブログ用にソファーの向かいから写真を撮っていますが、ソファーでばっちりと脱力しながらいただきました。

 

メニュー

早朝出発でお腹が減っていても、しっかり満たしてくれるメニューたち。しかも、ポテトの大盛りは無料という太っ腹!!

 

アルティメットバーガー!今度ツーリング仲間と来る時に絶対!と思ったので、何度か訪問し、アルティメットバーガーも頂きました。詳細は後述にて!

 

デザートもいい・・・。ランチだけじゃなくて、スイーツ、カフェとしてもそそられます。

 

迷いに迷った挙句、今回はカモ吉オリジナルバーガー・モッツァレラチーズ・目玉焼きトッピング・ポテト大盛り無料にレモネードをセット(1,600円)にしました。

 

まずはレモネード

甘すぎない、ちゃんとレモンピールのビターな味がする、少し大人のレモネード。これを待っていました。甘すぎると、バーガーとは合わないんですよね。よくわかってらっしゃる。

 

流れているのはノラ・ジョーンズ「Shoot the moon」、ワーゲンバスが隣接している道路を通り過ぎる車からやってくる揺れ、アンニュイでリラックスした昼の春を心地良く演出してくれます。ここで昼寝したいなぁ・・・。

 

カモ吉オリジナルバーガー モッツァレラチーズ・目玉焼きトッピング 、大盛りポテト

ノラ・ジョーンズ「Shoot the moon」にどっぷりハマっている時に、本丸、カモ吉オリジナルバーガー モッツァレラチーズ・目玉焼きトッピング 、大盛りポテトの登場!提供に時間が掛かりますって書いてあったけれど、全然そう感じませんでした。この空間の贅沢がなせることなのかもしれません。

 

カモ吉オリジナルバーガー

贅沢な見た目です。食べるまで、気持ちをどこまでも高揚させてくれます。

 

早速、ひとくち、ふたくち。

 

食べているところをお見せして申し訳ないのですが、どうしてもこの厚みのゴージャスさ、味のリッチさを伝えたかった。全粒粉の食べ応えに始まり、野菜たちに包まれたパティの更なる食べ応えからやってくる肉の旨さ。これで、トッピングなしだとだった1,000円。たくさんハンバーガーを食べていますが、海外でもこのクラスのクオリティに出会えることはなかなかないと思います。

 

アルティメットバーガー アボガドの変わりにチェダーチーズめいっぱい!

初回の訪問時、次回は絶対に最高峰のアルティメットバーガーを試そうと思っていました。

でも、正直バーガーにアボカドが入っているのは食べにくくて・・・と店員さんに相談してみました。すると・・・「じゃあ。抜いちゃいましょう!その変わり、チェダーチーズめいっぱい!みたいなのはいかがでしょう?」

 

チェダーチーズ、めいっぱい・・・!?

 

お願いします!

 

というわけで、特製アルティメットバーガーになって届いたのがこちら!

これを待っていました!ジャンキーだけれど、全粒粉だからヘルシーなはず!たまらんです・・・。初めて、口に収まらないかもしれないと思いました。

 

カモ吉オリジナルバーガーでも十分大きいのに、そこにもう1枚追加されたパティ、ベーコン、トマトとアボカドが追加になっているのがアルティメットバーガーです。そのアボカドの変わりにチェダーチーズめいっぱい。

 

ラップして、わずかにケチャップとマスタードを。

 

チェダーチーズめいっぱい、は伊達ではありませんでした。2枚のパティ分、ずっしりとくる重さ、とろけまくっているチェダーチーズがコートして滑らかにしてくれる食感、ベーコンでパンチがある。さすがアルティメットバーガー。カモ吉オリジナルバーガーを基本として、全部乗せ的の大親分。なんと贅沢なんでしょう。

 

全粒粉のバンズ

先程から何度か書いていますが、KAMO KITCHENのバーガーは全粒粉のバンズを使っています。そして、届けられた時点ではバンズでサンドされておらず、ケチャップとマスタードを自身でかけてから、バーガーラップに包んで頂きます。肉の厚みと具材たちが、油のテカテカではなく艶々。そこに歯応えがある全粒粉のバンズで蓋をすると・・・。

 

これ、口に入るか?という思いと、食べ応えたっぷりへの期待を抑えられない、うれしい衝動に駆られます。厚いハンバーガーは、押しつぶして食べるのが本場スタイルだそうですが、極力潰したくないんですよね。

 

大盛り無料!厚切りポテト

厚切りポテトがホクホクで美味しい。しかも、お願いすれば無料で大盛りにしてくれるというサービス!どちらかというとフレンチフライ派でしたが、これからはKAMO KITCHENのポテト派になります。

 

まとめ

鴨川まで足を伸ばしたら、海鮮だ!と思っていましたが、これからはKAMO KITCHENのハンバーガー一択にします。今度はスイーツとハンバーガー食べに行ってみよう!Moto Guzzi V7 Anniversarioとワーゲンバス、一緒に写真撮らせてもらえばよかったな。

タイトルとURLをコピーしました