宮ヶ瀬湖を一面にコーヒーを – カフェ オギッソ

シェアする

IMG 8709 - 宮ヶ瀬湖を一面にコーヒーを - カフェ オギッソ

Le Cafe d’ Oguisso カフェ オギッソ

宮ヶ瀬湖沿い、国道64号線を厚木方面に向かう最中、綺麗な建物に「Cafe」という文字。きっとカフェなんだろうなといつも思っていたのですが、駐車場はいつも埋まっている。バイクでは申し訳ないかなという気持ちも手伝って、なかなか行けませんでした。宮ヶ瀬湖のエメラルドグリーンの水面に映える赤い建物、カフェオギッソにようやく行ってきました。

場所

国道514号線と国道64号線が交わる交差点から、厚木方面へ橋を1つ渡ってすぐです。

住所:〒243-0111 神奈川県愛甲郡清川村宮ヶ瀬377−1

営業時間

営業時間:11:00〜16:00(ラストオーダー15:00)

メニュー

入店した時点で14時過ぎ、既にサンドウィッチは売り切れと言われてしまいました。どうもサンドウィッチのファンの方が多いらしく、争奪戦になるらしいんですよね。

モーニング始めました

お店のカウンターの上にあるメニューを良く見てみると、モーニング始めましたの文字。写真は撮れなかったのですが、6組ほど限定の厚切りトーストが入っているモーニングだそうです。ただ、添え書きには「お試しで始めたばかりなので、いつ辞めるかわかりません」とも。これは今度食べなければ。

モーニングもそうですけれど、お店の内装や道具にも一つ一つオーナーさんのこだわりを感じるんです。

例えば、キリンのビール、ハートランドの瓶で提供されるお水のボトルキャップ。

しかも、ボトルキャップは全て違います。

店内もゆったりとしていて、せかされることもなく、日差しと宮ヶ瀬湖の湖面の景色が全面に広がっています。心地よい春の日差しが、談笑、読書、微睡む時間を包んでくれます。

自然と集まるお客さんも、この雰囲気が好きな人が来るのかもしれませんね。

スイーツセット 1,000 円

本当はスイーツプレート(800円〜)とコーヒーにしたっかったのですが、ここに来るまで幾つかの失敗したのです。その理由は、以下のツーリング記事に書いてあります。

[計画失敗]宮ヶ瀬からヤビツ峠、茅ヶ崎ツーリング – Moto Guzzi V7 Ⅲ Anniversarioツーリング

IMG 5496 100x100 - 宮ヶ瀬湖を一面にコーヒーを - カフェ オギッソ
宮ヶ瀬からヤビツ峠、茅ヶ崎ツーリング 久々に宮ヶ瀬湖に行きたくなったので、急遽ツーリングに行くことにしました。だいぶ寒さがなくなってきたし...

というわけで、ゆったりしようと蒸し焼きテリーヌショコラ(小麦粉不使用まるで生チョコ)を選択しました。

器からして美味しさの演出がしっかりしています。届いた時の景色、この正面には宮ヶ瀬湖の湖面が一面に広がっているんですよ。まるで日本ではないみたい。

水面の色が違い、陽の光は暖かく。コーヒーとスイーツの時。

贅沢な時間と呼ばずしてなんとしましょう。

コーヒー(湖面)

まさにこの景色にぴったりな、マンデリンの深入りコーヒー。

そして、蒸し焼きテリーヌショコラ(小麦粉不使用まるで生チョコ)を頂くに相応しいベストマッチです。

写真にも若干写っているんですけれど、本当に美味しいコーヒーって、立ち上る湯気にも若干色が混じって見えるんですよね。湯気自体にコーヒーの色が溶け込むことはないので、きっと湯気が細かくて、立ちのぼっている間にコーヒーの色を反射しているだけなのでしょうけれど。

蒸し焼きテリーヌショコラ(小麦粉不使用まるで生チョコ)

そして、蒸し焼きテリーヌショコラ(小麦粉不使用まるで生チョコ)。このネーミングがそそらせるのですね。その上、グルテンフリー。

フォークを入れた断面が素敵です。この断面だけで味をご理解頂けますでしょうか。

小麦粉不使用で濃厚かつ、口の中で溶けていく速度をゆっくりにするって大変なんですよね。これが両立する味、そして添えられた生クリームで味のバリエーションも広がる。そのあとに、美味しいコーヒーがチョコレートの残り香を引き締めていく。このループで食べていると、すぐにテリーヌショコラがなくっていくのです。

蒸し焼きテリーヌショコラ(小麦粉不使用まるで生チョコ)以外にも、もっと来て、もっと試さなければいけませんね!これは!

まとめ

陽が暖かく、湖面のように穏やかな時間を、宮ヶ瀬湖のカフェオギッソで味わえました。宮ヶ瀬湖周辺は意外にカフェが少なく、美味しいコーヒーの時間を過ごせる場所が見つかりにくい場所でもあります。ぜひお近くに立ち寄りの際は、カフェオギッソでエメラルドグリーンの湖面を見ながら、ゆったりと時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。