オフィシャルサイトオープン! – 宮古島セレクトショップ WEATHER PERMITTING OKINAWA

IT
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

さいしょに

2021年あけましておめでとうございます!今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

不思議なもので、新型コロナウィルス禍・リモートワーク開始から早1年、時が過ぎるのが早いのか遅いのかわからず過ごしておりました。

 

そんな中、縁あって2020年末より、宮古島セレクトショップ WEATHER PERMITTING OKINAWA さまのオフィシャルサイト(ブログ + ショップ)の立ち上げにMAGi Consulting合同会社代表として関わっておりました。

 

スポンサーリンク

宮古島セレクトショップ WEATHER PERMITTING OKINAWA

 

WEATHER PERMITTING = 天気次第

とても素敵な言葉ですよね。

 

オープンはWEATHER PERMITTING OKINAWA さまの9周年「2021年1月11日 11時11分」、現在カウントダウン中!

 

オープン記念送料無料クーポン

2021年1月はオープンを記念し、送料無料となるクーポン「WPO-9thAnniversary!」をご利用いただけます!

 

スポンサーリンク

オンラインショップ立ち上げ

今回、オンラインショップ立ち上げに際し、以下を行わせて頂きました。

 

  • ビジネスレビュー・要件定義・ヒアリング
  • ビジネス / マーケティング / IT コンサルティング
  • 素材写真撮影
  • サイト設計及びデザイン
  • ブログ + オンラインショップ構築 及び 付随するページ作成
  • オンラインショップ運用支援
  • 運用開始前キックオフ・引き継ぎ

 

とても広大に対応させていただき、かつ、MVPにより1ヶ月で納品させて頂きました。今後も追加機能リリースは続きますが、MAGi Consulting合同会社として最もお力になれる、とても楽しい機会をご一緒させて頂きました。

 

技術的メモ

さて、上述のプロセスのうち、技術メモ的に構築内容を残しておきたいと思います。

 

基盤的なシステムとして以下を採用しました。

  • CMS:Wordpress
  • オンラインコマース:WooCommerce
  • デザインテンプレート:Flatsome
  • クレジットカード決済:Square

 

上記を中項目にブレークダウンしてみたいと思います。

以下の項目になります。

 

事前準備

  • ドメイン取得
  • レンタルサーバー本契約化
  • メールアドレス作成
  • php.ini設定
  • データベース(MySQL)作成

 

CMS:Wordpress

  • WordPressインストール
  • Basic認証設定(リリース前のみ)
  • Google Console / Analytics / reCaptcha設定
  • プライバシーポリシー作成
  • 特定商取引法表示作成
  • 利用規約作成
  • 404ページ作成
  • メンテンナンス画面
  • SSL設定
  • 表示ドメイン(wwwあり / なし)統一
  • プラグインインストール
  • プラグイン翻訳・文言変更(「wp-content/plugins」にあるそれぞれのプラグインフォルダ内の言語ファイルを翻訳し、「wp-content/languages/plugin」へ配置)

 

オンラインコマース:WooCommerce

  • インストール
  • 日本語翻訳修正(「wp-content/plugins」以下のWooCommerce関連フォルダにあるPHPファイルを編集、Flatsome子テーマフォルダである「wp-content/themes/flatsome-child」以下に同名フォルダを作成、保存)
  • 日本語化ファイル修正(woocommerce-plugin-framework-ja.mo と woocommerce-plugin-framework-ja.po)
  • 送料テーブル・ロジック設定
  • クーポン設定
  • 注文にかかわるメールデザイン・追跡番号表示
  • マイページ設定・追跡番号や請求書表示、注文履歴等

 

デザインテンプレート:Flatsome

  • インストール
  • WooCommerceとの競合解消
  • ハードコードPHPファイル変更(翻訳変更含む)
  • Instagram連携

 

WooCommerceとの競合解消

例えば、指定したいページを「/shop」として、固定ページとして作成・カスタマイズしたとします。

ショップのトップページ設定で「/shop」 を設定すると、Flatsomeのショップトップページ設定でのデザイン(カテゴリ・商品・両方等の設定)にオーバーライドされて表示できなくなってしまいます。

 

解決策
  • 例のように「/shop」をショップのトップページにしたい場合、「/dummy-shop」のような固定ページを作成し、Wordpress / Flatsome / WooCommerceでののショップトップページ設定したのち、ゴミ箱に移動して保管する(「/dummy-shop」をショップトップページ設定にしたまま、ゴミ箱に配置することで、設定を残したままアクセスできない状態にすることができます。(ショップトップページ設定ではなく、サイト内でリンクし、表示させる設計にする必要があります。)
  • 上述の設定により、必要に応じて各プラグインのショップのトップページが引数やプレースホルダーで設定されている場合、手動で書き換える必要が出てきます。

 

日本語や翻訳変更が、相当量

細かい言い回しが、アメリカンすぎるんですよね・・・。

 

クレジットカード決済:Square

  • サンドボックスでのテスト
  • クレジットカード決済で出現する各ページデザイン修正

 

とまぁ、たくさんあります・・・。

 

FlatsomeとWooCommerceを利用した感想

Flatsomeは、WooCommerceでのデザインテンプレートとして世界中で最も利用されているそうです。私にはメリットが多いデザインテンプレートでした。例えば以下のような点です。

 

良い点:理由

  • デザインが秀逸
  • デザインのみならず、エレメント、ウィジェットのテンプレートが多い
  • コスパ最強

 

ですが、日本語でご利用したい方はそれなりの覚悟が必要です。理由としては・・・

 

日本語での利用をおすすめしない理由

  • サポートは有料、無料ユーザーサポートコミュニティは英語(参加申請したが私はまだ承認されていません)
  • PHPが読めないと直しようがない
  • 英語がわからないと、同梱されているヘルプや文書(からリンクされているYouTubeの説明動画)がわからない
  • 日本語サポート文書はほとんど存在しない
  • WooCommerceとの相性で問題点もある(どちらかというとWooCommerceの問題)

 

ですが、一度感覚を掴んでしまうと、非常に使いやすいと思います。

 

スポンサーリンク

さいごに

宮古島セレクトショップ WEATHER PERMITTING OKINAWA さまのおかげで、MAGi Consulting合同会社として最もお力になれる、とても楽しい機会をご一緒させて頂きました。今後も追加機能リリースは続きますが、ぜひご注目ください。

 

また、WooCommerce + Flatsomeで構築したご参考になるかと思います。

ご相談はぜひとも、MAGi Consulting合同会社 までいただければ幸甚です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました