Outlook予定表上スケジュールをデフォルトで公開にする

シェアする

a0e93e671020e24cfcd5a9d59725fdf3 - Outlook予定表上スケジュールをデフォルトで公開にする

Microsoft Exchange Server 2010を使用していて、Outlookのカレンダーで、ユーザーの予定表がデフォルトで非公開となっている場合、一つずつのスケジュールを公開にしなければいけなくなる。じゃあ逆にExchangeサーバー側で公開をデフォルト設定にすれば済むよね、となる。

公開・非公開、という言葉を使用しているけれど、実際のところはアクセス権としてReviewer以上を設定してあげる必要がある。設定方法は以下。

設定方法

1. Exchange Serverに管理者権限でログインする。

2. Exchange Management Shellを起動し、コマンドレットを実行する。

i.e. mail@example.comを有するユーザーへの設定

英語環境の場合:

Set-MailboxFolderPermission -Identity “mail@example.com:\Calendar” -User Default -AccessRights Reviewer

日本語環境の場合:

Set-MailboxFolderPermission -Identity “mail@example.com:\予定表” -User Default -AccessRights Reviewer

それ以外の言語の場合、「予定表」を各言語ごとに合う文言に変えれば良い。

ちなみに、正しいはずなのに何で認識されない?と思ったら必死にコマンドプロンプトで実行していたことがある。コマンドレットを実行するのは、Exchange Management Shell上であることをお忘れなく。

いきなりSet-MailboxFolderPermissionでエラー

注意したいのが、「Set-MailboxFolderPermission」で始めても、グローバルポリシーとかでDefaultの権限設定がされていないと、「設定する権限がありません」的なエラーが返ってくること。その場合にはまず、「Add-MailboxFolderPermission」を使って、デフォルト権限を設定する必要があります。

ex.

Add-MailboxFolderPermission -Identity “mail@example.com:\Calendar” -AccessRights Reviewer