Elevator pitch

この記事は約1分で読めます。

きっとこれが出来たら、一人で世界中心配なく仕事出来るんだろうなぁと思います。もしあるとき、エレベーターに乗り込んだら、ビジネス上自分の人生を変えるかもしれない人がそこに。限られた時間はごくわずか(最長2分)、いかにチャンスをモノに出来るか。その内容をプレゼンテーション的にまとめたものを、Elevator pitchといいます。

以下の構成順と要素でまとめると良い、とよく言われています。これは、自分を売り込むだけでなく、製品を売り込むときにも使いまわせます。

  1. どれだけのことが出来るのか
  2. 今何をしようとしているのか
  3. 今しようとしていることは、どのような価値があるのか
  4. 相手に何をしてほしいのか
  5. 相手に何かしてもらうことによって、どのような利益があるのか
  6. (相手の心に響いた場合)次のステップ + 連絡先を渡す

これを2分に、しかも第2か国語でまとめるというのがいつも非常に勉強になります。ましてや、母国語の方々は、印象を残すためにジョークを交えたりするわけで。

 

Youtubeで「Elevator pitch」を検索すると、非常に参考になる大会がいくつも出てきます。ぜひ!

タイトルとURLをコピーしました