A shining apple / Apple polisher

この記事は約1分で読めます。

”Hey look! He is giving an shining apple to his boss!” や、”He is completely an apple polisher for his boss”みたいに使うそうです。A shining appleとApple polisherとは「ごまをする」ということの英語版だそうです。

スポンサーリンク

違い

A shining appleは、越後屋がお代官さまに便宜を図ってもらうために手土産を渡しているような構図、Apple polisherは、豊臣秀吉が織田信長のためにわらじを温めているような構図で使うと良いのかもしれません。

 

そもそもこの言葉を使う局面に立ちたくない、ですかね。。

 

しかしながら、どちらかというと媚びへつらうというよりも、便宜を図ってもらったり、よくしてもらうために優遇したり、ということの要素が強いようです。

 

それでも、同じような言葉が同じ方向で、国によって若干の差異があるのが言葉の面白さですよね。

タイトルとURLをコピーしました