茶と花の精神を以って

Diary
この記事は約1分で読めます。

「武士たるもの、茶と花の精神を以って自身の心を鍛えよ」

映画の一幕で出てきた良い言葉。茶を、僅かなりともやっているものとして共感出来た。自らを律しながら、美しさとは、相手を想うとは、いかなることなのか。自らに問いかけ続け、探し続けることで理解が出来る。

究極は、自らが求めるところにある。

タイトルとURLをコピーしました