Fenderよ、永遠なれ。

Diary
この記事は約1分で読めます。

本日、フェンダーミュージック株式会社を退職いたしました。アジア統括のHead of ITとして立ち上げから参画出来たことは、光栄以外の何物でもありませんでした。

 

16歳の時、プロになると決めて買ったのがFender American Standard Stratocasterでした。共に歩いて20年になります。わずかなプロ活動後、ITへ転身した以降の道がFenderにつながるとは想像もしませんでした。Fenderで働けたこと、それは永遠の名機Storatocasterが届けてくれた、音楽以上に素晴らしいたくさんの縁でした。

 

明日より、音楽系グローバル企業のITトップとして、また、ITだけにとどまらず全てに関わる立場として動き始めます。音楽を通して、一人でもたくさんの人の笑顔と繋がり、一緒にお仕事出来たらと思っておりますので、お気軽にご連絡ください。

 

最後に、Fenderで働けた思い出の写真たちを。

 

詳細はまた投稿します。
引き続き、よろしくお願いします。

Kengenius

タイトルとURLをコピーしました