僕が食べて育ったラーメンとじゃがバター – 第41回せたがや梅まつり

シェアする

DSC09350 - 僕が食べて育ったラーメンとじゃがバター - 第41回せたがや梅まつり

立春が過ぎると、春へ向かって三寒四温と共に梅の季節が始まりますね。この時期から羽根木公園では「第41回せたがや梅まつり」が始まります。

第41回せたがや梅まつり

概要

期間:2018年2月10日~2018年3月4日
場所:羽根木公園(東京都世田谷区世田谷代田4-38-52)
最寄駅:小田急線梅ヶ丘駅 京王井の頭線東松原駅(共に徒歩5分ほど)

会場地図

週末は、催し物、付近の商店会による屋台が出ています。今週は、フラダンスの舞台がやっていました。

そしてもちろん、梅まつりの主役は「」です。ただし、僕がこのブログを書くからには花より団子!そこで、まずは小学生の頃から梅まつりに来て食べ続けているオススメの屋台をご紹介します。

代田商店会

ラーメン(350円)

僕はこの、すっきり・しっかりとした鶏ガラスープの中華そばの味で育ちました。

寒さの中で食べると、なお一層美味しいんです!

実はこの代田商店会の屋台は、京王井の頭線新代田駅近くの方々で構成されています。そのうちの一人に僕の親戚がいまして、「梅まつり」開始当時、その親戚の隣のラーメン屋さん監修の下、始まったと聞いています。残念ながら、今そのラーメン屋さんはなくなってしまったのですけれど。

今回、伺った際にも、親戚のおじさんはまだ元気にブースでお手伝いをしていました!ちなみに、お昼時だと30分以上並ぶこともありますので、少し早めに行くことをオススメします!(僕は今回20分並びました。)

じゃがバター(200円)

ラーメンだけでは足りない!という方はぜひ、その隣で売っているじゃがバターもお召し上がり下さい!

皮までサクッと美味しいじゃがバター。バターと塩のバランスがなんとも・・・。あ〜、ビールを下さい・・・。

他の商店会でも

焼き芋や草餅、ここでの名物でもある梅を練り込んだ「梅うどん」も出されています。ぜひ、花より団子になって下さい。

主役の梅は・・・

まだ梅は3分咲
2018年2月12日現在、寒空の下、まだ春は遠いようです。まだまだこれからの週末が楽しみですね!

蠟梅

その中でも蠟梅は格段に香りが違います。

そばに近づくだけで、優雅な香りに包まれました。

第41回せたがや梅まつりのススメ

春の前、寒さがまだ強い時期ですが、ラーメンを食べて、梅を見にせたがや梅まつりに行ってみて下さい。お祭りの後、井の頭線東松原駅と小田急線梅ヶ丘、それぞれ楽しんでみるのも良いですよ!