Adsense狩り?広告配信の制限発生!

Diary
この記事は約3分で読めます。

突然でした。朝の日課でもある、Google Adsenseの結果確認をしたところ、以下の表示が・・・。

 

スポンサーリンク

表示できる広告の数が制限されています

表示できる広告の数が制限されています。詳しくは、ポリシー センターをご確認ください。
という、真っ先に(した覚えはないけれど)何かまずいことした?という表示でした。ポリシーセンターへ進んでみますと・・・
広告配信が制限されています

 

まさに、痛恨の一撃でした。

 

そのままです。

 

広告配信が制限されています

 

広告配信の制限にリンクがあるので、その先に進んでみます。

するとこれまた強烈な文言。

 

スポンサーリンク

ポリシー違反への措置

強い言葉たちが並んでいました。少しショック・・・。

 

ですが、このブログ「kengenius.com」は、正直Adsenseなくてもいいや〜、くらいの感覚で日記 + 備忘録のコンテンツにしていますので、 深く考えるのは辞めました。

 

原因

ただし、原因は知りたいので、文章を読むと・・・

無効なトラフィックの問題が特定された

と書いてありますので、開いてみました。

 

無効なトラフィックを防止する方法

無効なトラフィックの定義ページに移動すると、その原因例として以下のように記載されていました。

 

  • サイト運営者様が、ご自身のライブ広告をクリックしてクリック数やインプレッション数を増やすこと
  • 1 人以上のユーザーが繰り返しクリックして、クリック数やインプレッション数を増やすこと
  • サイト運営者様がご自身の広告でのクリックを誘導すること(例: 広告をクリックするようユーザーを誘導するあらゆる言葉、大量の偶発的クリックを誘発する広告掲載など)
  • 自動クリックツールやトラフィック ソース、ロボット、その他の不正な行為を行うソフトウェア

 

挙げられているような、どの例をとってもそんな細かいことをするつもりが毛頭なかった(どうせ、そんな小手先のことをしたところで、Google さまにはすぐバレるだろうと思っている)ので、こういう人たちがいるんだなぁと勉強にはなりました。

 

推察

考えられる理由としては、以下3つくらいしかありませんでした。

 

  1. いつも見てくださっている方々が、たまたま気に入った広告が多く固まって出現、クリックが集中したために審議入り
  2. 最近Twitterをだいぶ投稿するようになったため、興味を持っていただいた方々の流入が増え、トラフィックの経路が急激に変わった
  3. Google Adsense狩り

 

どれも考えにくいです。3.で挙げている、いわゆる Google Adsense狩りをされるほどの強いコンテンツも持っていませんし、他のブログに比べれば弱小で認知も弱く、コールド負けを続けています。

 

対応策

出来ることといえば、以下3つくらいでした。

 

  1. 一旦コンテンツ見直し(問題ないことを確認済み)
  2. 異常なトラフィックがないか確認(問題ないことを確認済み)
  3. 広告制限を気にしても仕方ないので、今まで通り書く(これだ!)

 

というわけで、とりあえず備忘録でこの件をブログにして、投稿させていただきました。

 

スポンサーリンク

さいごに

いつも見てくださってありがとうございます。

広告表示がなくなり、非常に見やすくなったという声を頂いていることもありますが、できるだけ広告表示はさせてください。笑

 

これからも、日記 + 備忘録でつまらないことを書きますが、どうぞお付き合いの程よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました