ベストレート両替は○○○(非公式)で – ベトナム : Another Sky

Vietnam
この記事は約3分で読めます。

お金がいる!

旅行でも仕事でも、異国に着いたらまずお金が必要です。訪問先によって違うので面白いのですが、ベトナムではどこで両替するべきか、地元の人に聞いてみました。銀行?ホテル?空港?それとも・・・。

 

ベストレートは・・・

初回訪問の際、宿泊したホテルで聞いたところ、ベトナムはどこで両替してもそんなに変わりませんよ、というのを真に受けていしまっていたのですが、後にベトナム生まれの人に聞くうちに、一番レートの良い両替は、街中の貴金属店(非公式)ということがわかりました。

 

両替(非公式)

非公式というのは、その名の通り、公式に両替業をしているわけではありません。貴金属という商売柄、店内に現金を持っている業種であり、それが転じて非合法ではありますが始めているお店が多いとのことです。非公式で非合法でありつつ合理的という、なんともベトナムらしい面白い文化です。

 

非公式ですので、もし大量の両替が必要になる場合には、事前に連絡しておかないと、キャッシュを置いていないということがあるようですので、事前に連絡しましょう。

 

ここまでの流れで、両替を非合法にしている貴金属店であれば、日本でイメージする東南アジアの貴金属店をそのままをイメージしていただいて問題ないと思います。赤いお店の看板に、ちょっと裕福そうなおばちゃんがお店を経営している、その通りのお店を探してもらればたどり着くことが出来ます。はい、この通り。

例)キンマ通りの貴金属店

ちなみに、ここで紹介しているのはハノイの有名なキンマー通りにある貴金属店の一つです。

 

普通に、「Money Exchange」と掲げてしまっています。

 

この辺りが、共産主義で政治の中心にもかかわらず、天然ボケのように緩さを持っているハノイの魅力でもあります。

 

レートは?

この日、ここで紹介しているキンマ通り貴金属店のレートは、10,000円を交換したら2,090,000ドンでした。私が宿泊したホテル及び銀行でのレートは、1,980,0000ドン。その差は110,000ドン だドン!

 

日本円への換算として大まかにわかりやすくするためには、ドンのケタを2つなくし、2で割れば良いと言われています。即ち200で割ること。たった550円の差ですが、110,000ドンあればベトナムではフォーを3回、バインミーの結構トッピングを入れたものを1つ食べられます。その違いはなかなか大きいです。

 

余談:ボッタクリに注意!

ただ、ベトナムの金額の単位は大きいので、大きい買い物や両替をする時は注意しましょう。以前、私も仕事の関係で数十人分のケータリング代、日本円にして30,000円程を立て替えて配達してくれた人に払ったことがあります。今でも覚えていますが、その際6,370,000ドンを支払うことになりました。お札を出して数えていくと、慣れていない桁の札は、混乱してわからなくなることがあります。

 

これは聞いた話ですが、ナイトマーケットや夜のお店に行ったりすると、ベトナムの通過単位に慣れていないことを見抜いて、「桁が違う札を渡した」(さっき渡されたのは、1,000,000ドンではなく100,000ドンだ、など)と言われて、ぼったくられることが多くあるようですのでご注意ください。

 

まとめ

旅の始まり、少額であろうとも必ず必要になる現金。せっかくであれば良いレートで換金をして、ベトナムで美味しいグルメや、楽しい体験に少しでも使えると良いですね!

タイトルとURLをコピーしました